家を建てるうえで欠かせないもののひとつに

トイレスペースがあります。

日常的に利用する場所であり、馴染みの空間でもあります。

 

トイレ

 

使いやすいトイレを実現するためには、場所選びが大切です。

訪問客も家族も気軽に使えるトイレにするためにも

間取りを考えるときは

音が響きにくい場所、死角になる場所を選ぶようにしましょう。

トイレにはタンク付きのもの、タンクレスのものの2種類あります。

♠タンク付き

タンクレスに比べると値段が安く

溜めた水を使って流すため

水圧を気にする必要がありません。

♦タンクレス

タンクがないため狭いトイレにも設置可能です。

全体として、トイレ空間を広々として清潔感のあるものに見せてくれます。

水道直結なので連続して水を流せることもメリットのひとつです。

しかし、電気を使って水を流す仕組みのため、停電時には利用できません。

 

快適なトイレ空間を作るためには、トイレの広さにもこだわりたいものです。

老後のことを考えたり、

万が一の備えをしておきたいと考えるのであれば

リフォームで対応できるようにしておくとよいでしょう。

 

トイレ

 

家族が増えると音や視線への配慮がより重要になってきます。

トイレの広さや種類は人それぞれの好みの部分が大きく

間取りや完成予想図を見ながら、自分たちの家庭に合ったトイレを探してみましょう。

暮らしに溶け込んでいる空間だからこそ

設計前にどれだけ新居での生活をイメージできているか

より具体的にイメージできていればいるほど

満足度の高いマイホームが建てられると思います(ð)♪