家を建てるなら、冬は暖かく、夏は涼しい家にしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
やはり家の中では快適に過ごしたいですよね。
そんな快適な家にするために重要になってくるのが、家の断熱性能です。
断熱性能をあげるには「断熱材」と「窓」が重要なポイントとなります。

窓とは、「サッシ+ガラス」でできたもの

窓は「サッシ+ガラス」で構成されたものです。断熱性を高めるには、窓の性能を確保しつつ、いかに効果的な窓の選択と配置を行うかが大切です。
室内を快適な温度に保つため、サッシもガラスも性能が重要なポイントとなります。
では、サッシやガラスにはどような種類と、それぞれの特徴があるのでしょう?

サッシにはどんな種類があるの?

サッシには種類があります。なじみがあるのがアルミサッシ。最近では、断熱性を高めた樹脂サッシや、複合サッシも増えてきています。

■アルミサッシ
アルミサッシは現在多くの建物で使用されています。費用的に最も安価で設置できます。耐久性にも優れていますが、アルミは金属である分、どうしても熱伝導率が高くなり、断熱性にやや劣り、冬場にサッシがキンキンに冷えてしまうこともあります。また、結露の発生も多いのが残念な点です。

■複合サッシ
それぞれの素材の特徴を生かし、異なった素材を組み合わせて作ったものを複合サッシと呼ばれます。例えば、室内側には木製や樹脂を用いて断熱性を高め、外側にはアルミを用いて耐久性や耐火性などをもたせます。

■樹脂サッシ
主な原材料は、塩化ビニール樹脂です。樹脂サッシの最大のメリットは断熱性です。熱伝導率が低く、耐熱性に優れる材質なので、寒冷地では特に普及しています。また、熱を伝えやすいアルミに比べ、熱伝導率が非常に低い樹脂は、外気との温度差で生じる結露も防ぐので、カビやダニの発生も抑制する効果があります。さらに、樹脂は腐食がしにくく、加工もしやすい材質なので、メンテナンスに手間がかからず、そしてデザインやカラーの種類も多くなります。

■木製サッシ
木製サッシは木の質感や風合いが好きな方にとってはとても魅力的なのもです。高い断熱性を持ちつつ、おしゃれな雰囲気の木製サッシですが、腐食や摩耗などの耐久性にやや劣るのは否めません。断熱性とデザイン性を兼ね備えた木製サッシを設置するのであれば、早め早めにメンテナンスをすることが長持ちの秘訣となりそうですね。

ガラスの種類は?

昔は単板ガラスと言ってガラスが1枚のものが多く使われていましたが、今ではガラスを2枚使った「複層ガラス」が主流となっています。「ペアガラス」と呼ばれるガラスです。さらにガラスを増やした「トリプルガラス」もあります。
Low-Eガラスはサッシのガラスの中に特殊金属膜を設けたもので、金属膜を設けた位置によって断熱性能が高いガラスと遮熱性能が高いガラスの2種類にわけることができます。

サッシ+ガラスの組み合わせによって窓サッシの性能は変わります!

関西ハウジングでは、YKK APのAPW330をおすすめしています。(樹脂サッシ+Low-E複層ガラス)
APW330の特徴 「樹脂+Low‐E複層ガラス」でできたAPW330は国内最高水準の断熱性があります。熱伝導率の低い樹脂と熱の出入りを抑えるLow-E複層ガラスで断熱性を高め、結露の発生を防ぎ、気密性も発揮します。

できれば、APW310にはしてほしい(アルミ樹脂複合サッシ+Low-E複層ガラス)
APW310の特徴「室外側はアルミ、室内側に樹脂を使用+Low-E複層ガラス」でできた窓です。2枚のガラスの空気層とガラス内側の金属コーティングにより熱の伝わりを軽減。断熱性を高め、結露の防止に適しています。

モデルハウスではAPW330、さらには高性能トリプルガラス樹脂窓APW430も使用しているのでぜひ断熱性と遮熱性を体感してください!
樹脂窓APW330

 

まとめ

窓は使い方や種類によって光の入り方や風の通り抜け方、さらには家の外観も大きく左右します。窓は家にはなくてはならないものですので、ぜひ効果的な使い方をして、住みやすい家をつくっていきたいですね。

家の性能が気になる方はぜひ窓のグレードを意識してみてくださいね。