学んで、遊んで、のびのび成長して欲しい。

子どもが自立への第一歩を踏み出すための子ども部屋づくり

 

モデルハウス

 

子ども部屋は6畳前後が一般的な広さだと言われています。

6畳というスペースに

学習机・ベッド・収納棚などの大きな家具を配置するので

スペースの有効活用が大切です。

 

また、子どもが小さいうちは

おもちゃが床に散乱していたり

教科書や本が出しっぱなしになっていたり

部屋は散らかりやすいものです。

子どもが片付けしやすい、片付けが楽しくなる収納を考えましょう。

例えば

収納は1カ所にまとめて分類ごとにラベルを貼ってあげると

子どものやる気もアップしそうです。

 

最後に見た目も大事です。

子ども部屋は勉強する部屋でもありますが

家族と離れてひとりになれるプライベートな空間でもあります。

自分の時間を楽しめるよう

子どもの好きなデザインや色で揃えてあげると

部屋に愛着をもち大切にしてくれるでしょう。

 

子供部屋

 

成長を感じながら、その時に一番いい環境を作ってあげたいですね(ü)