・土地の形

一般的に正方形や長方形の土地が

無駄なスペースをつくらずに

家を建てやすいと言われています。

しかし、変形土地にもメリットはあります。

旗竿形は家が奥にあるため静かな環境が得やすい!

三角形の土地は3角を花壇にして楽しめる!など…

変形土地もOKにすることで選択肢を増やせる。

 

高川原3

 

・土地に接している道路

都市計画区域内で建物を建てる場合

原則として建築基準法で定められた

幅員(幅)4m以上の道路に

2m以上接した土地でなければなりません。

(一部区域では幅員6m以上が必要)

接している道路の幅が4m未満の場合

道路の中心線から2mの位置まで

後退(セットバック)した線まで空けておくことで

建てられる土地もあります。

 

・地盤の状況

地震に強い家にするには建物の耐震性能だけでなく

家を支える地盤も重要になってきます。

建築前に地盤調査を行うのが一般的ですが

購入前の土地の場合は「地盤サポートマップ」で

地質や地震時の揺れやすさ

液状化の可能性、浸水の可能性などの

目安を調べておきましょう。

 

地盤調査

 

土地選びって大変だけど

しっかり見極めていきましょう(Û)