家族がそれぞれに

自分の時間を楽しみながらも

自然とリビングに集う

心地よい間取りをつくる仕掛けについて

 

テクノストラクチャーの家

 

1⃣ 個々の居場所をつくる

 

開放的で広々としたリビングは

それぞれがくつろげる居場所をつくると

もっともっと居心地がよくなります。

 

2⃣ 外もリビングに取り込む

 

ふと見上げると空が見えたり

季節の変化を感じたり

外部空間を取り込めば、

リビングの気持ちよさは増します。

 

3⃣ 家族のための収納を充実させる

 

読書したりDVD鑑賞したり

楽しみの数だけモノはあります。

それらのモノをリビングに納めれば

家族の心も自然と集まる場所になります。

 

4⃣ 家具で空間を支配する

 

心地よさを生む仕掛けは

建築だけでなく、家具でもつくることができます。

LD両方でその手法を考えてみましょう。

 

5⃣ 段差で視覚をコントロールする

 

床に高低差をつくると

視線を操作することができます。

空間を分けて広がりを演出して

密かに人の心も操るしかけとなります。

 

家族をつなぐ心地よい間取りを考えましょう(Ô)