これもまた素敵な1日

基礎に基礎パッキンを敷きこみ土台を組み、準備万端\(ö)/

写真 2019-04-12 16 31 57

晴れの日めがけて上棟、決行です。

柱や梁を組み上げていき

最上部の構造材である棟木(むなぎ)を上げます。

棟上げ(むねあげ)、建前(たてまえ)とも呼ばれるそうです。

雨の多い日本で大切な構造体を雨に濡らさないように

1 日で一気に屋根まで組み上げてしまうのです。

今はクレーンなどの重機がありますが

昔はすべて手作業だったため

構造材を1 日で組み上げるのは大変な作業でした。

そこで上棟にあたって棟梁をはじめ大工さん、鳶職、施主や親戚

ご近所さんたちが集まって「上棟式」というお祝いを行ったそうです。

現在では上棟式は簡略化されて

棟梁が工事の安全を祈願した後

施主から工事関係者へのねぎらいとして

ご祝儀やお弁当、お酒などを配るというスタイルが一般的になったようです。

写真 2019-04-15 16 56 06

 

大工さんにとっては大変な1日だと思います。

無事に終わって一安心、感謝です。よ!男前!

 

お客様にとってはこれまで時間をかけて

ああだこうだ考えてきた図面がカタチになり

ついに自分の家が建つんだと実感できる1日だと思います。

 

完成が楽しみです( ï )☆